Nihon Works

FOR YOUR LIFE ASSETS //

株式会社日本ワークスのマンションシリーズ

VOICE お客様の声

VOICE 01

NAOKI SHIMABUKURO

第一子の誕生を機に
本格的な資産運用を検討

+

×

  • VOICE 04

    NAOKI SHIMABUKURO

    子どもの誕生を機に始めた不動産投資。
    信頼できる営業マンに出会えて感謝しています。

    今回取材したのは、東京・目黒でインターネットメディア運営を主軸とした事業を展開している島袋さん。日本ワークスを通じて水天宮のマンションを購入されました。それから約3年経った今、どのような感想を抱かれているのか、お話しいただきました。

    取材協力:Idealink株式会社 島袋直樹氏
    インタビュアー:上田安人(ライター)
    日本ワークス担当:中村大輔氏

    続きを見る
  • 第一子の誕生を機に、本格的な資産運用を検討

    上田:
    島袋さんはもともと不動産投資には興味をお持ちだったのですか?
    島袋:
    前から興味はあったのですが、どこから手をつけていいのかわからないし、少し怖いイメージもあって敬遠していました。投資としては、保険の外貨建てや、国内株式を少ししていたぐらいです。
    上田:
    では、どのようなきっかけで不動産投資を始めようと思われたのですか?
    島袋:
    実は2013年12月に第一子が生まれまして。それを機に、資産のポートフォリオについて今まで以上に真剣に考えるようになったんです。資産を自分だけのものとしてとらえるのではなく、子どもの将来のために残すものとして、意識がシフトした。すると、がぜん不動産投資に魅力を感じるようになってきたわけです。
    上田:
    日本ワークスとの取引はどのように始めたのですか?
    島袋:
    ちょうど不動産投資に興味を持ち始めたころ、信頼している保険代理店のプランナーの方から日本ワークスの営業・中村さんを紹介してもらいました。どの不動産会社に相談すればいいのか全く手の付けどころがわからずにいた僕にとっては、すごくタイミングのいい話でしたね。子どもが生まれてから一週間ほど経ったころ、中村さんにオフィスまできていただいて、初めて不動産投資に関する話を詳しく聞きました。
    続きを見る
  • 営業マンと会って、不動産投資へのイメージが一変

    上田:
    中村さんと話して、どんな印象を受けましたか?
    島袋:
    不動産投資というものに対する考え方が根本的に変わりました。中村さんに会うまで、ワンルームマンションの購入は「利回りで儲けるもの」というイメージがあったのですが、違う考え方もあるということです。
    上田:
    というと?
    島袋:
    不動産投資というのは、自分の金融機関に対する「信用枠」をフル活用して借入を行い、そこから資産を形成するものです。手持ちのキャッシュを積み重ねるよりも、はるかに大きな資産を一気に作ることができる。しかも、マンション購入のための負債は家賃収入によって返済していけるので、リスクも少ない。これは他の投資にはない魅力だと思います。
    上田:
    かなりの高額の買い物ですが、その点に不安はありませんでしたか?
    島袋:
    一番心配だったのは、万が一僕が死亡してローンの返済ができなくなるケースです。そうなると、子どもに資産を残すどころではなくなってしまいますから。でも、その点では団体信用生命保険というものがあるので心配はいりません。これは万が一債務者が死んだり高度障害状態になったりしたとしても、ひとり1億円までは住宅ローンを清算することができるというものです。また、年月が経てば家賃収入が多少低下する可能性もありますが、その場合には金融機関への支払額を減らせば問題ありません。
    上田:
    なるほど、それなら安心ですね。
    島袋:
    はい。それに、不動産投資は運用のために手間をかける必要がありません。たとえば株式、特にデイトレなどの場合、毎日一定の時間を投資に割かなければなりませんし、そうでなくても常に相場の変動について気になってしまう。つまりそこにかける労力的なコストが大きいわけです。その点、不動産投資は一度買った後は基本的に何も考えなくてもいい。自分の分身が、勝手にお金を稼いでくれるようなイメージです。頭を使うときといえば売却するときぐらいですが、それはまだまだ先の話ですしね。
    続きを見る
  • 購入前、購入後のフォローは完璧

    上田:
    水天宮のマンションは島袋さんご自身が選ばれたのですか?
    島袋:
    中村さんにご提案いただいた物件を購入しました。物件の視察にはいきましたが、もともと不動産に関する専門的な知識はほとんどありませんでしたし、中村さんなら信用できると思いました。
    上田:
    購入時、日本ワークスからはどのようなフォローがありましたか?
    島袋:
    僕は経営者なので、比較的金融機関からの融資が下りにくいんです。でも、中村さんが銀行との対応も調整してくださり、おかげで悪くない金利で購入することができました。
    上田:
    購入後の運用はうまくいっていますか?
    島袋:
    購入してすぐに大手消費財メーカーが法人契約を結んでくれて、家賃収入が入るようになりました。その後一度オーナーが変わりましたが、その際もすぐに決まりましたね。場所も品質もいいので、その点は当分心配なさそうです。
    上田:
    購入して3年ほど経つわけですが、継続的なフォローはあるのでしょうか。
    島袋:
    「買わせるのには一生懸命なわりに、買った客へのフォローはいい加減」というような不動産会社もあると聞くのですが、中村さんは全然そんなこともなく、プライベートでも家族ぐるみでお付き合いしています。もちろん不動産運用についても、引き続きいろんなサポートをしてもらっています。
    続きを見る
  • 「信用力」がある人ほど、活かさないともったいない

    上田:
    最後に、これから不動産購入を検討している人に向けて、アドバイスがあれば教えてください。
    島袋:
    不動産投資の魅力は、先ほども申し上げた通り「金融機関に対する信用を活かして資産が築ける」という点にあります。会社員や公務員など、信用力の高い職に就いている人ほど有利な金利で物件を購入できるので、これを活かさない手はないと思います。複数の物件を購入することができれば家賃収入だけで数十万円が毎月得られますし、それが少なくとも40年ぐらいは続く。バリバリ働けなくなった後のことを考えると、心強い収入ですよね。特に日本ワークスは、都心で駅近の立地を厳選してワンルームを建てているので、日本の人口が減少しても需要が確保できる。購入して損はないと思います。

VOICE 02

SATOSHI NAKAMINE

すべてを包み隠さず説明してくれる、
真摯な姿勢に惹かれて購入しました。

+

×

  • VOICE 02

    SATOSHI NAKAMINE

    すべてを包み隠さず説明してくれる、
    真摯な姿勢に惹かれて購入しました。

    今回取材したのは、松山で製薬会社MRとして活躍する中峰さん。現在、東京都墨田区にマンションを保有しています。「正直、最初は不動産に怪しいイメージがあった」という中峰さんがマンションオーナーになった理由を、余さず語っていただきました。

    取材協力:株式会社三和科学研究所 中峰 聡 氏
    インタビュアー:Idealink株式会社 島袋直樹
    日本ワークス担当:中村大輔 氏

    続きを見る
  • 信頼できる知人の紹介が不動産購入のきっかけ

    島袋:
    まずは簡単に自己紹介をお願いできますか?
    中峰:
    出身は茨城県です。東京の大学を卒業後、製薬会社に就職して松山にきました。現在3年目で、年齢は25歳です。
    島袋:
    どちらの物件を購入されたのですか?
    中峰:
    東京都墨田区のマンションです。
    島袋:
    25歳で不動産を購入というのはかなり早いですよね。お知り合いでそういう方はいらっしゃいますか?
    中峰:
    いないですね。私もこんなに早く持つことになるとは思っていませんでした(笑)。
    島袋:
    もともと不動産投資に興味があったのでしょうか。
    中峰:
    いえ、全然でした。
    島袋:
    では、日本ワークスのことを知ったきっかけは?
    中峰:
    元々信頼できる、ある知人から話を聞いてみないかと誘われてはいたんです。 そんな中、たまたま松山市内で僕と同じくMRとして働いている友人の三浦(前回記事参照)が、先に日本ワークスの物件を購入していたんです。そこで本格的に営業の中村さんを紹介してもらいました。
    続きを見る
  • メリットもデメリットも包み隠さず教えてくれた

    島袋:
    なるほど。信頼できる人の紹介だったわけですね。不動産投資というと、私も実際にマンションを購入するまではそうだったのですが、ちょっぴり胡散臭いイメージで語られることもあります。中峰さんはいかがでしたか。
    中峰:
    正直、最初は胡散臭いと思っていました。三浦はだまされたんじゃないか、と(笑)。だから、はじめに中村さんにお会いしたときにも本気で購入するつもりではありませんでした。まずは公平な気持ちで話を聞いてみて、それから自分で判断しようと考えたんです。
    島袋:
    その印象はいかがでしたか?
    中峰:
    印象的だったのは、営業の中村さんが不動産購入のメリットとデメリットを包み隠さずしっかり話してくれたことです。リスクのことまできちんと説明してもらえたおかげで「この人なら信頼できるな」と感じ、日本ワークスにお願いすることに決めました。
    島袋:
    松山在住だと、東京の物件を実際に見ることは難しいですよね。
    中峰:
    はい。でも、私はもともと不動産の専門知識はないので、見ても善し悪しを判断することはできません。ですので、中村さんの説明を聞いて信頼することにしました。
    続きを見る
  • 金融機関からの融資手続きもスムーズに

    島袋:
    不動産の購入にあたっては金融機関からの融資が欠かせません。そのあたりの知識はお持ちだったのですか?
    中峰:
    ほとんどありませんでした。ただし、中村さんのフォローが非常に手厚かったおかげで、特に困ったこともなくスムーズに融資を受けることができました。
    島袋:
    物件はいつ引き渡しになったのですか?
    中峰:
    10月31日です。つい先日ですね。
    島袋:
    持ちたてホヤホヤというわけですね。中峰さんや、中峰さんに日本ワークスを紹介した三浦さんのように、20代中盤で不動産を所有する人はまだまだ少ないように思います。同世代の人に、投資に向けてアドバイスがあれば教えてください。
    中峰:
    私たちの世代は、不動産投資について「なんとなく胡散臭い」というイメージばかりが先行して避けている人が多いように感じます。でも、ろくに情報を持っていないのに「怪しい、怖い」といって毛嫌いするのはちょっと失礼なんじゃないかな、と思います。少しでも興味や気になることがあるなら、専門の人から直接話を聞く機会を持てばいい。その上で、やっぱり怪しいと感じたなら買わなければいいんじゃないでしょうか。
    島袋:
    日本人は総じて投資に対して消極的で、貯金をただ寝かせておくことを好む傾向があります。中峰さんがそれをせず、融資を受けて不動産を購入した一番のメリットは何でしたか?
    中峰:
    ひとつは、私があまり貯金できない性格だからでしょうか。不動産を買うことは、投資であると同時に、銀行口座とは別のところで積み立てのように資産を溜めていくことにもつながると考えています。
    島袋:
    確かに、私も25歳ぐらいのときは未来に向けて貯蓄するということがなかなかできていなかった気がします。自動的に資産が形成されていくというのは不動産購入ならではの魅力といえるかもしれませんね。それに、若くして「東京のマンションのオーナー」になれるというのも素敵です。
    中峰:
    そうですね。始めるなら若いに越したことはないと思います!